ペットを乗せていた車の買取り

ペットを乗せていた車の買取り

ペットを乗せていた車買取り

ペットを乗せていた車の買取りの実態は?

●ペットのニオイがする中古車は敬遠される!
●ペットのニオイはマイナス査定の対象に!
●シートなどの内装の傷みは買取額の減額に!

上記のように、車買取査定ではペットのニオイがする車は買取額減額の対象になることは否めません。
特にペットが噛んだり爪を立てたりしたシートやマット、内張りなどの内装が痛んだ場合には大きく減額の対象になります。

私たちが中古車を購入しようとする時に、もしペットのニオイがする車があったら敬遠しますよね。車買取業者も同じなんです。マイナス査定になることは避けられません。


ペットのニオイや傷みのある車は買取りされるの?

ペットをひとりにさせておくと可哀そう、またペットと片時も離れたくないという気持ちからペットを車に乗せる方は多いですね。するとどうしてもペットのニオイが車内に付いたり、ペットがシートなどに噛んでしまって内装が傷んだりしますので、車を売却したり下取りに出す時には車のその価値は下がると認識しておきましょう。

それでは、ペットを乗せていた車は買取りを拒否されるのかと言えば、そうではありません。ペットを乗せていた車もごく普通に買取りされています。ただし、車内のペットのニオイやペットのために傷みがある車はマイナス査定の対象となるので買取額が下がることは避けられません。

車を売る時に減額されるのが辛いと思ったら、普段からペットを車に乗せる時に気を付けることが大切です。例えば、ペットをケージに入れて車に乗せたり、ペットを乗せた後にドアを開け放って換気と日光に当てるなどの手間が必要ですね。

ペットを乗せていた車を売りたい!

ペットを乗せていた車 買取り
ペットを乗せていた車を売りたい場合にマイナスとなるのが、ペットのニオイとペットが原因の車の内装の傷みです。このマイナス査定を補おうと専門業者に依頼するととんでもない費用がかかります。専門業者に依頼して車のニオイもなくなり綺麗な車になったとしても、そのかかった費用分をカバー出来るほど車買取額は高くなりません。ペットを乗せていた車を売りたい場合は、ペットのニオイや内装の傷みはそのままにして査定に出すことをお薦めします。
ただし、自分で車のペットのニオイを軽減することは出来ますから、車内を大掃除して、出来る限り車のドアを開け放っておくなどの対処をすると良いでしょう。
そのことによってマイナス査定分が軽減されれば手間を掛けても損はないと思います。
更に、もう一つ注意が必要なのが、車買取業者1社だけに査定依頼をしないことです。1度の申込みで複数の車買取業者に査定依頼が出来る一括査定サービスというサービスがあります。

映画賞